最新の投稿
マンション

自分の愛する家族といつか自分たちだけのマイホームを持って理想の生活を送りたいと思うのは、多くの方の願いなのではないでしょうか。一生のうちで一番大きな買い物ともいえるので慎重に色々と考えて後悔がないようにしていきたいものです。ただ漠然とこうしていきたいと理想を考えてみるのも楽しいですが、実際にマイホームを持ちたいときには理想だけでなく、現実的に計画を立てていくことで、後悔がないマイホームづくりができるようになります。

マイホームを持ちたいと思ったときにまず考えることのひとつが、建売住宅にするのか注文住宅のするのかという事です。まず建売住宅とは、土地と住宅がセットで販売されているもので、住宅が完成した後または建築中に販売がスタートします。建売住宅は広い土地を複数に分けて同じような仕様の住宅を建てることから、資材の購入費が安価になったり工事の効率が上がったりするので、注文住宅より価格が安いというのが特徴です。

一方注文住宅とは、設計会社や工務店と話し合いながらどのような家にするのかを決めて住宅を作っていく方法のことで、間取りやデザインはもちろん、壁紙やフローリングなど細かいところまで自分で決められるというのが特徴です。より自分の理想に近い住宅に仕上げられることはもちろん、コストを抑えて建てるという事まで相談をすることが出来ます。ですが建売住宅に比べて土地探しや設計の相談などに時間がかかるというのが、デメリットのひとつとなります。
どちらの方法にもメリットもデメリットもありますが、自分の理想に合っているのかはどちらかという事を考えることが、マイホーム計画の第一歩となります。

さらにいくら理想のマイホームを建てたいと考えても、もちろん予算について考えることも重要です。理想ばかりを詰め込んでしまっては、予算を大幅にオーバーしてしまう可能性も高いので、自分の年収から毎月いくら支払いが出来るのか、またいくら頭金が払えそうなのかなども考慮して考えると、より現実的に計画を立てることが出来るようになります。年収や予算から考えて、建売住宅にするのか注文住宅にするのかを考えてみるというのも、一つの方法となります。
最初に念入りに計画を立てることが、マイホームを建てた後に後悔しないポイントとなってくるので、まずは家族でどのような暮らしがしたいのかという理想をしっかりと話し合うことから始めるようにするのがおすすめです。